FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


マザーレイク


同じく旅行中の機内で。
琵琶湖のネッシー、ビワッシーの物語。
こういうのご当地映画っていうんだそう。
そのせいか東京では全然話題にならなくて
全然知らなかったけれど
美しい画像に惹かれた。
まあそれだけだったけど・・・。
ご当地で大事にされそうな映画っていうのもありだとは思う。

君の名は



昨年評判になり、先日テレビでも放映されたけど見逃していたので
旅行中の機内で。
ふーんこういうストーリーだったのかというところで
さほど感動もしなくて。
やはりなかなかアニメに没入できないのかも。
年や世代のせい?
たんに私自身の感性が鈍いせい?
アマゾンのレビューを確認すると
「なんだこれ?」っていう人も
結構いたのでまあ少数派ぐらいだと安心しました('_')



すごく有名な映画だけど
なんとなく怖そうで見ようとは思わなかった。

それがまたBSで放映されているのでビデオにとっておいたもの。
女優陣がみんなあまりにきれいなのでみとれていると
いつの間にか恐怖の連続に。
でもその一方でCGのない時代にどうしてこのような撮影ができたわけ???
そのことがめっぽう気になって。

時々電線を埋めつくすようにムクドリが並んでいたり、
近くのお寺の大木に夕方群れて帰ってきてそのうるさいことと言ったら
というような光景を目にするので
もし、と思わずにいられない。

地球の終焉を感じさせる不気味さは今も変わらないので
この映画が時代を象徴とするのだとれば
充分現代にも通用することになる。
少なくとも自然の反撃は確かに「鳥」以上になっているかも。

久しぶりにBSで。
トラボルタの出現が印象的で忘れられないけれど
ストーリーについては何も覚えてなかった。
とにかくバブル期全盛のころと思われる。
そう30年以上も前なんだけど
ダンスのカッコよさは今だってしびれる(年のせい?)
やはり好きだったビージーズはもう一度見ないと頭に残ってない。
ストーリーも当時のニューヨークと若者の世相を反映してて
面白かった。
もう一度ゆっくり見たい。



Powered by FC2 Blog