FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ



早速借りてきてしまった。
見るなら完璧版と多くのレビュアーが書いているので(^_^;)
なるほど最初のところから
かなり唐突感が和らいだ。
あとはどことどこと比較するほどよく覚えてはいないけど。
当時舞台挨拶予定の封切時には徹夜組も含めて3500人も並んだなんて逸話が。
まあ現代のようにアイドルが大量生産されている時代ではなかったにしても
薬師丸ひろ子は飛び切りの逸材で
この作品はさらに人気のピークだったと思われる。
なんか昭和のノスタルジーに酔ってしまった。
快感!!
なお完璧版は離マスター版では復刻されていなくて
中古のみ。
それもかなり売り切れているみたいなので
復刻版よりお高くつきそう。
余計見たいよね。
たった18分だけど、、、(^_^;)


暇だとこんな映画も見てしまう。
そうあまりにも当時センセーショナルな作品だった。
もちろん見なかったけど。
今やおばさん役になってしまった初々しい薬師丸ひろ子が
荒唐無稽なストーリーで頑張っている。
AKBとは違った
80年代のアイドルの象徴は
時代をも象徴しているようで
いろいろ叔母さんも当時を思い出してしまう。
レビューを見て長澤まさみバージョンのテレビ版も見たくなった。


伝説の人ブルースリーを一度見たかった。
やっぱり私には、、、(^_^;)
でもそのあとネット検索で彼が弱冠32歳で亡くなったにもかかわらず
随分大きな足跡を残していて
もし生きていればと惜しまれていることを納得。

サンフランシスコ中華街生まれの中国人、中国武術家、武道家、香港の俳優、脚本家、映画プロデューサーである。截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。(ウイキペディア)
ジェームスディーン・赤木圭一郎と早世の俳優を思い出すけれど
とりわけマルチに傑出し人間的にも偉大だったと知った。
評価される前に亡くなってもったいない。
とはいえこの作品が彼の価値を存分に表現しているともいえないのが残念。
見なかったけど同じ日(6月3日)NHKで彼についてのドキュメンタリーも放映された。
アナザーストーリーズ「“燃えよドラゴン”誕生 ブルース・リー 最後の闘い」
6月9日(火)午後11時45分~午前0時45分に再放送される。
録画しておこう。

許されざる者


同名の映画が多いので混乱するけれど
1960年の作品。
ヘップバーン唯一の西部劇作品。
浅黒い肌のヘップバーンも魅力的。
バートランカスターもいまどきのイケメンよりずっとかっこいい。
ストーリーは開拓時代のアメリカでならあったと思われるけれど
ただ理不尽なインディアンと白人の対決や
ありえない多数と4人の対決はいまどきちょっとしらける。
そういえば西部劇自体がもういまどきじゃなくなっている。
日本の時代劇はそれなりに受け入れられているけれど
アメリカではどうなんだろう??
NHKプレミアムシネマで。