FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


海は見ていた


海は見ていた コレクターズ・エディション [DVD]海は見ていた コレクターズ・エディション [DVD]
(2005/09/28)
清水美砂、遠野凪子 他

商品詳細を見る


黒澤明監督が映画化を進めつつも果たせなかった山本周五郎原作の遺稿をもとに、巨匠・熊井啓監督が映画化。不幸な境遇を笑顔でやり過ごしながら生きる女たちの姿は、初期黒澤映画『一番美しく』の乙女たちのように健気で美しく、またクライマックスの大洪水はそんな彼女たちの哀しみを、せめて一夜だけでも洗い流してやろうとする作り手たちの慈愛にほかならない。一見ポジティヴ志向の極みに思われがちな黒澤映画が、実は究極のネガティヴから出発していることを、絶えず負の立場から人間と社会を追い続けてきた熊井監督が肌で感知し、その意を汲んで演出したことから、実に気持ちのいい粋な作品に仕上がっているのだ。(的田也寸志)

久しぶりに見ごたえのある映画で
特典映像までしっかり見てしまった。
周五郎の原作2本がベースになっている
その仕様がそのまま作品に表れて
前半と後半につながりがないのが確かに違和感。
青年の侍に恋したお新が
永瀬ふんする青年い新たに恋するあたりが唐突で、、。
気の毒なのはお新の恋がクローズアップされすぎて
お菊の恋がまともともいえない相手なのは悲しすぎる。
それなりの役者をそろえているのに
縁起の仕様がないでしょうという感じ。
黒沢の脚本のせいなのか
熊井監督のせいなのか、、
でもお菊の最後のシーンでの
粋な着物姿は印象的。
遠野も恋する無垢な女の表情がいい。
男場会rを描いたかのような黒沢監督が
こんな女性も描きたかったんだと興味深い。
特典映像の絵コンテの詳細さが素晴らしくて
目を瞠る。
遊女の衣装の色彩も素晴らしい。
岡場所のセットもよくできている。
遊女の世界がつらくはあっても
暖かい人間関係で
描かれている珍しい作品だと思う。

夢十夜

ユメ十夜 [DVD]ユメ十夜 [DVD]
(2007/08/03)
小泉今日子、松尾スズキ 他

商品詳細を見る

漱石の作品自体よく理解できているとは言えないので
何とも言い難い。
夢自体もよくわからないものだし。
それでこの間読んだ角田さんの「かなたの子」って
彼女の夢十夜だったのかななんて思い当たる。

よくわからないし気味が悪いけれど
もう一度見てみよう。
そんな値打もないという酷評もあるけれど、、、。
セント・エルモス・ファイアーセント・エルモス・ファイアー
(2014/06/11)
オリジナル・サウンドトラック

商品詳細を見る

午後のBSの映画。
題名からどんな類の映画かわからなかったけれど
すでに始まってもいたけど見てしまった。
いまどきではなくて1980年代の青春ものなので
すぐさま共感していたりして。
わかるわかるあのぐちゃぐちゃ感。
人間関係も、自分の感情も。
男性陣はほとんどわからない。
知っているのは今も活躍するデミムーアとアンディ・マクダウェルくらい。
メア・ウィニンガムも。
ブラット・パックと呼ばれた当時の若手俳優たちだそう。
映画の内容と俳優陣の世代がダブるのも面白い。
若い頃の彼女たちを見れたお得感も。

おとうと

おとうと <通常版> [DVD]おとうと <通常版> [DVD]
(2010/08/04)
吉永小百合、笑福亭鶴瓶 他

商品詳細を見る

BS朝日で。
やっぱりこういう映画だったかという内容。
絶大な同世代の吉永小百合と小百合ストに嫉妬するわけじゃないけど
吉永小百合の演技が素晴らしいと思ったことがないんだけれど。
昔から変わらないなあ。
演技も美しさも。
鶴瓶もよくやっているけど鶴瓶でしょうって感じ。
そして何より山田洋次監督でしょうって感じ。
好きではまり込んで見るにはいいけれど
客観的に見ると醒めてしまう。

最後に鶴瓶の看取りを担う民間施設とそのスタッフが印象に残った。
野垂れ死にすることなく
鉄郎を受け入れ
こんな風にさりげなく、温かく看取ってもらえてよかったなあと。
誰にもこんな週末ホスピスの施設とスタッフがいれば
どんなにいいだろうかと。
老老介護のさなかそちらの方が大いに気になった。

グラントリノ

グラン・トリノ [DVD]グラン・トリノ [DVD]
(2010/04/21)
クリント・イーストウッド、ビー・バン 他

商品詳細を見る

NHKでの放映。
2度目。
昔苦手だったクリント・イーストウッドがどんどん素敵になると感じた作品。
年老いた姑や母を介護をするようになって
老人施設にたびたび行くことや
久坂部羊さんの作品を読んだこともあって
さらに死に時を考えることが多く
改めて潔い選択に感じ入った。
用意周到に練りに練った演出。
誰にも迷惑をかけず、
自分の思いをしっかり託して
死に時と死にざまを選ぶ。
研ぎ澄まされたクリント・イーストウッドの感性が光る。

Powered by FC2 Blog