FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


おかえりはやぶさ


おかえり、はやぶさ [DVD]おかえり、はやぶさ [DVD]
(2012/08/02)
藤原竜也、杏 他

商品詳細を見る

これでハヤブサ科年の3作を全部見終えたことに。
どれが一番てことはなくてみんなそれぞれぞれなりにというところ。
なにせ主役のハヤブサがどの作品でも突出しているので
甲乙つけられない。
あとは俳優陣の好き嫌いや好みカモ。
それも大してないので。
ただ劇場で見たら3Dの迫力と富田の音楽に圧倒されたかも。
子といsのハヤブサ打ち上げが楽しみ。
戦場のメリークリスマス [DVD]戦場のメリークリスマス [DVD]
(2003/08/20)
デヴィッド・ボウイ、坂本龍一 他

商品詳細を見る

太平洋戦争下のジャワ山中に建つ、日本軍の連合国軍捕虜収容所。そこでつづられる日本とイギリス双方の軍人たちの確執や奇妙な友情、そして残酷かつ美しい愛情の日々。大島渚監督が日英合作で描く、戦争ヒューマンドラマの傑作である。
キャストを見ても、デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし、トム・コンティ、ジョニー大倉、ジャック・トンプソン、内田裕也など豪華多彩。それぞれが持ち味をフルに発揮しながら、極限状態に置かれた男たちの心情を赤裸々に表現している。ラストで「メリークリスマス、ミスター・ローレンス」と唱えるビートたけしの大映しの笑顔は、映画史上に残る優れたショットでもある。坂本による音楽も大ヒットするとともに、世界的に高い評価を得た。(的田也寸志)

折に触れて名前が出るので
どんな映画だったっけと思ってまた見る。
レンタルでも復刻版として新しくなっていた。
デビットボウイと坂本隆一ばかりが残っていたけれど
素晴らしいのは武だったと今頃気づいた。
デヴィットボウイは歯並びの悪さが私的にはダメで
これは以前も同じことを感じた。
そして坂本隆一はなんて演技が下手で滑舌も悪いんだと
気になった。
そしてタケシは同じ素人ながら心に残る名演技。
冷徹さと素朴さと何より最後に見せるその笑顔。
敵国同士で当たり前であると同時に
その国民性や思想の違いから到底理解しあえない状況でありながら
人間としてそれ以上に感じるものがある。
戦争と戦場の理不尽さの中で
それでも個人としてぎりぎりに生きる男たち。
大島渚が描いた世界は深くて大きいのにいまさらすごいと思った。

天地明察

天地明察 [DVD]天地明察 [DVD]
(2013/02/22)
岡田准一、宮﨑あおい 他

商品詳細を見る

大事というのは多くの人の協力があるにせよ
一人の執念、いちずな思い込み・ひたすらな努力によってなるものらしい。
先日読み終えた「言葉の海」の大月文彦がそうだった。
お上から庶民に至るまですべての人に必要なものと言うことと
日本国が独立国家として進むにはぜひとも必要なものという高邁な動機に押されて
生涯をその研究に没頭できるなんてとにかくすごい。
そしてその恩恵を子々孫々現代までも預かっているわけで
先人の偉業に関心と感謝。
原作を読んでいないので
映画としては141分はちょっと長い気がした。
岡田は今年黒田官兵衛に抜擢され活躍を予感させる好演。
宮崎あおいもいつも同じ役どころの気はするけど好感度よさそう。
横山は他に適役がいそうな気がしたけど、、、。
25年目の弦楽四重奏 [DVD]25年目の弦楽四重奏 [DVD]
(2013/12/20)
フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー 他

商品詳細を見る

フーガ弦楽四重奏団結成25周年前夜。チェリストの突然の引退宣言から、ドラマは始まった。
冷徹なまでに精確な演奏で客を魅了する第一バイオリンのダニエル、色彩と質感を与える第二バイオリンのロバート、深みを添えるビオラのレイチェル、そして、チェロのピーターが完璧な四角を支えている。
ある日、チェリストのピーターがパーキンソン病の告知を受ける。
今季をもって引退したいと申し出るが、残されたメンバーは動揺を隠せない。
憤り、嫉妬、ライバル意識、家庭の不仲、不倫。
それまで抑えてきた感情や葛藤が露呈し、不協和音が響きはじめる。
バラバラにくずれ始めた"四角"に、最終楽章の幕は上がるのか。

1本ぐらい夫も見るかと借りてきたらすでに劇場で見たとのこと。
もう一度見るとも言わないので私が一人で。
何度も予告編を見ていたのか
ストーリーがほぼわかってしまって
本当に見たんだっけと思うくらい。
演奏もバランスのとれた四重奏団だけど

人間関係もそれぞれが分別のある大人が奏でる四重奏。
ところがリーダーで最年長のチェリストがパーキンソン病になり
演奏が不能になることで
微妙に狂い始めた人間模様の不協和音。
話自体は予告編でわかる程に単純だけど
演じる俳優によって見ごたえのある内容に。
演奏がメインの映画にしては演奏シーンが少ないのが惜しい。」

モネ・ゲーム

モネ・ゲーム [DVD]モネ・ゲーム [DVD]
(2013/11/02)
コリン・ファース、キャメロン・ディアス 他

商品詳細を見る

すごい配役なのでもっと面白いかと思いきや
私的には全然でした。
多分英語がわかってストレートに会話を楽しめれば
もっと面白いと思うのですが、、、。
ありきたりの落ちばかりで
どんでん返しもイマイチ迫力不足。
このキャストなのにともったいない。
見た私の時間ももったいないでしょうが。
まあそこまで言わなくてもというくらいです。
はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】
(2012/08/10)
渡辺謙、江口洋介 他

商品詳細を見る


昨日見たハヤブサとほぼ同じ流れなので途中眠気がさして困った。
熱き科学者たちや町工場の部品メーカーの技術者たちも素晴らしいけれど
それでもハヤブサそのものに感情移入してしまう。
人間ドラマよりもハヤブサが映るときがいちばんというのも変だけど
ハヤブサがどうしてこんなに可愛いのだろう。
私は今や掃除機のルンバをペットのごとく、命あるものの如く
愛しているけれど
ハヤブサも呼吸をしている生き物のようなんだよね。
そして命尽きたかのように光り輝きながら飛散する光景には
涙ぐんでしまう。
ことし後続機の打ち上げが予定されているとか。
今度こそはハヤブサおたくになって見守ろう。

ハヤブサ

はやぶさ/HAYABUSA [DVD]はやぶさ/HAYABUSA [DVD]
(2012/03/07)
竹内結子、西田敏行 他

商品詳細を見る


先日ハヤブサに感激した方の話を伺って借りてきたもの。
確かに知っているようで実は全然知らなかったエピソード。
歳月をかけてことがなる研究者たちの熱気がすがすがしかった。
意外とお正月の気分に合った。
明日は「はやぶさ 遥かなる帰還」を見るぞ!
それにしてもほぼ同時に
同じ示テーマで3本もの映画が作られたというから
ハヤブサが与えた感動の大きさがわかる。
にもかかわらずハヤブサが帰還したニュースに当時さほど感激も感動もしなかった。
無関心と無知が感動の機会を奪っていたってこと。
遅まきながら感動させていただきます。

Powered by FC2 Blog