FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛アムール

愛アムール

ミヒャエル・ハネケ監督が、前作「白いリボン」(2009)に続き2作品連続でカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、第85回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞したドラマ。妻が病に倒れたことで穏やかだった日常が変化していく老夫婦の姿を描く。音楽家夫婦のジョルジュとアンヌは、パリの高級アパルトマンで悠々自適な老後生活を送っていた。しかし、ある日突然、妻のアンヌが病に倒れ、手術も失敗して体が不自由になってしまう。ジョルジュは病院嫌いな妻の願いを聞き、車椅子生活になったアンヌを支えながら自宅で暮らすことを決意。2人はこれまでどおりの生活を続けようとするが、アンヌの病状は悪化していき……。
現実に介護と向き合う日々なのでもちろん他人事ではない。
だけど我々はまだ親の介護の段階。
そしてその後に夫婦の時間が来ればいいけれど。
順番がどうなるかわからないのが不安なところ。
献身的な夫の介護にその愛の深さをつくづく。
だけれどその愛ゆえに悲しみも倍加することを
思えばプロの方の職業的な対応のほうが
いい場合もあるかと思われた。
心身ともに追いつめられていく介護の日々が
日本だけでなくフランスも同じということに共感。
スポンサーサイト


アメリカに本社を構え、世界の遺伝子組み換え作物市場で90%のシェアを誇るアグロバイオ(農業関連生命工学)企業「モンサント社」の裏の姿に迫ったドキュメンタリー。遺伝子組み換え作物はもちろん、枯葉剤、農薬、牛成長ホルモンなども扱ってきた同社の1世紀にわたるベールに包まれた歴史を、貴重な証言や機密文書によって検証。自然界の遺伝的多様性や環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを省みない、現代社会の「食」の経済構造に疑問を投げかける。

巨大企業がその利潤追求のために世界の食を掌握するのに
食は命そのものだという認識と責任を持たないとしたら、、。
そんな恐ろしいことはまさかと思うけれど
現実でしかもすでにほぼ掌中に収められている。
やっぱり自然の摂理に逆らって
人間の便利さと利潤のためだけに開発された食物が
有機の生物である人間の身体に言い訳ない。
一度汚染されてしまったら取り返しのつかない自然。
一度交配してしまったら元に戻れない品種。
遺伝子組み換えでない大豆なんてもうほとんどなくなってしまっている。
あののどかなパラグァイの農村風景の中に
勤勉な日本人が開拓した大豆畑だけが整然と美しい緑をうねらせていた。
あの大豆畑も今や遺伝子組み換え大豆に席巻されてしまっているらしい。
今かろうじて遺伝子組み換えや遺伝子組み換えでないの表示がある日本でも
TTPに参加すればその境目すらなくなってしまう。
百人で耕して百人以上が暮らしを立てていた農地は
ひとりのものになり一人で管理できるようになることが本当の幸せなのかな。
もし、アメリカ人にとってアメリカンドリームこそがまさに夢だとしても
南米やアジアやアフリカにまでその基準をそのまま持ってこないでほしい。
先祖代々の土地に先祖代々の品種を大切に守って育てて生活してきた人々との暮らしを
根底から覆すモンサントの価値観をばらまかないでほしい。
日本の食も危険水域にあることは否めない。
気づいて防戦する覚悟の人たちの輪が広がらなければ
次世代・次々世代の命は危うい。
静かで長期にわたる戦争なのだから。


奇蹟のリンゴ


日本最大のリンゴ生産地・青森を舞台に、それまで絶対に不可能だといわれていた“りんごの無農薬栽培“に挑戦した木村秋則氏の実話を映画化。阿部サダヲが木村さんに、菅野美穂が、農薬に体を蝕まれながら木村さんと共に無農薬栽培に挑む妻・美栄子を演じる。私財を投げうち、11年もの歳月をかけて信念を貫くひとりの男の姿が胸をうつ物語だ。
封切初日。
午前中『モンサントの不自然な食べ物』を見て午後『奇跡のリンゴ』
頭のなかは食のことでいっぱい。
絶望的な遺伝子組み換え作物の話の後で奇跡の無農薬栽培。
木村さんの実話にというか石川さんの原作に忠実な作品。
無農薬栽培が奇跡になってしまって
それを成し遂げる人が奇人変人になってしまっている奇妙。
だけど実際に農業に携わる人は
本当に現状でいいと思っているのかな。
11年目に成功したからこそまわりのひとびとも理解と拍手を惜しまないにしても
これからはさらに元の自然い帰ることは
奇蹟で不毛で成果のない戦いになるはず。
それをやり遂げる人がいるかな。
応援し切れるかな。
経済・経済・景気・景気と叫んでばかりの世の中で、、。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。