プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


デザート・フラワー [DVD]デザート・フラワー [DVD]
(2011/12/07)
リヤ・ケベデ、サリー・ホーキンス 他

商品詳細を見る

何となく借りたDVDが思いがけない内容だった。
ストーリー
世界的トップモデル、ワリス・ディリーによる衝撃と感動の自伝本を映画化!貧しい家庭で育った少女が世界的トップモデルに成長するまでのサクセス・ストーリーを描く。アフリカの貧しい家庭で生まれ育ったワリス。13歳の時、父にお金と引き換えに老人と結婚させられそうになったことをきっかけに、彼女は家族のもとを離れる事を決意する。ロンドンへ辿り着いたワリスは、刺激に満ちた大都会で路上生活を送っていたが…。
と紹介されていたが、それよりも彼女が世界に訴えた女性器切除(じょせいきせつじょ、Female Genital Mutilation、略称FGM)が衝撃的。
何と恥ずかしながら、私はこの事実を全く知らなかった。
風習として母親自身が立ち会う儀式ということがさらに衝撃。
同じ女性が年間に200万人、日間に5500人近い少女が性器切除を受け、
すでに性器切除された女性は1億3000万人以上にも達している。
シンデレラストーリの美しくチャーミングなワリスが
この事実を国際問題として訴え続けた。
その伝記も著作も映画も事実も知らずに呑気に年を重ねてきてしまったけれど
何かできることがあるのかしら。
とにかくこんな非道な風習は即廃止にしてほしい。

わが母の記


わが母の記 [DVD]わが母の記 [DVD]
(2012/09/08)
役所広司、樹木希林 他

商品詳細を見る

「しろばんば」や「夏草冬涛」が大好きだったので
意外な後記篇っていう感じ。
井上靖がずっと母に捨てられたという思いを
何十年も抱き続けていたということに驚いた。
母親に対する執着の深さ。
寂しさ・哀しさ・恨めしさの根源を確かめることもなく。
母親もそのいきさつを子供に説明することもなかったのかと
素朴な疑問。
映画はその洪作と八重の母子の関係と
痴呆が進行する八重を取り巻く三女の琴子を中心にした伊上家の家族模様。

こちらは介護のはじまるわが家で無関心でいられないテーマ。
それぞれ3人の演技は好評価で文句のつけようもない。
それでも評判ほど感動しなかったのは
自分自身が切実すぎるからかな。
あの頃映画 「復讐するは我にあり」 [DVD]あの頃映画 「復讐するは我にあり」 [DVD]
(2012/02/22)
緒形拳、小川真由美 他

商品詳細を見る

同じくシネマフォーラム「日本のヌーベルバーグの作家たち」
のなかの一本。
予定があって最後まで見られなかったけど
レンタルで借りて最後まで見るかどうか決心がつかない。
悪すぎて怖すぎる。
それでいて気になる。
共演者も魅力的で面白くできているのが困る。
監督もすごいけど
脚本や俳優や映画にかかわる人みんなの熱がある作品。
映画がまだ娯楽のランキングの上位だった時代だったんだ。

少年

少年 / ユンボギの日記 [DVD]少年 / ユンボギの日記 [DVD]
(2011/07/30)
渡辺文雄、小山明子 他

商品詳細を見る

続きを読む »


Powered by FC2 Blog