FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


風が強く吹いている1
箱根駅伝に挑む大学生たちの青春を描いた、直木賞作家・三浦しをんによる同名小説の映画化。主演に小出恵介、林遣都。箱根駅伝へ出場することを夢見る寛政大学4年生のハイジ(小出恵介)は、事件を起こして陸上から遠ざかっていた天才ランナーの新入生カケル(林遣都)と出会う。致命的な怪我からランナーになることを諦めかけていたハイジだったが、自らが寮長を務める寮にカケルを強引に入居させ、密かに駅伝出場への計画を立て始める。
公式サイト:http://www.kaze-movie.com/index_pc.html

原作を読んでいてさえ、極端なありえない展開は理解できない気がするくらいだから、
長いとはいえ2時間13分の映画ではあまりこだわったり、深く追求しないで
楽しく見るに限る。

何しろ10人のランナーを把握するだけでも難しい。
小説では見事に描き分けられているが映画では
この人誰の役だっけみたいな浅さは否めない。
ましてやその10人がそろって過酷な箱根駅伝に挑戦する気になるなんて、、、。
風が強く吹いている3

作品としてつまらないワケではない。
若い研ぎ澄まされた筋肉質の体が全力疾走し続ける姿は美しい。
特に主人公走(カケル)の走りっぷりは終始見とれる心地よさ。
走ることにはきっと何かある、走り続けていると別世界に入るという気がしてきて
それはとてつもなく魅力的なことなんだと思えてくる。
来年の箱根駅伝は感情移入して楽しく見れそうなんて今から
楽しみにもなってくる。
若いときこんな精神的にも肉体的にも極限に 挑戦できる機会が持てるなんて
なんて素晴らしい。
さわやかでうらやましい、見終えたあとのこの感じがきっとこの映画のよさ。
風が強く吹いている2


箱根の駅伝画像に映る街並みの背景と竹青荘とが時折時代錯誤的な古さを感じさせ
出演者の生身の現代っ子らしいイケメンの顔ぶれと妙に違和感があって
この映画のつじつまの合わなさをうまく表現しているのかなと勘ぐったけど、、、。

Powered by FC2 Blog