FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣岳 点の記

turugidake

いけなくて気になっていた映画「剣岳 点の記」に。
午前中1回の上映で14日まで。
がらがらかと思いきや結構込んでいた。
同世代の方中心だけれど。
登山人口が増えて山に関心を持っている人が増えている。
そのかたたちが映画にも足を運んでいるとすれば映画人口も増やして相乗効果。
山の厳しさはこの間の大雪山の遭難と我々の鳥海山の経験がダブって
身に沁みた。
剣にはまだ登っていない。
今はルートが確立されて安全性はかなり高いがそれでも危険といわれる山。
ルートがなかった未踏の山の厳しさは想像を絶する。
最近は手入れが行き届いたルートが多くて、
登りながらそのご苦労に感謝せずにはいられない。
そして山頂に立つ三角点にも大きな意味があることを理解した。
すべてロケで撮影された映像が素晴らしかった。
山の厳しさと美しさにさらに魅了されるが
映画という山に向かった方々の苦労も初登頂に引けをとりはしない。
こういう作品が映画化されるのって映画人の心意気が感じられる。

剣岳 点の記のスタッフブログ:http://www.tsurugidake.jp/blog/
スポンサーサイト

アマルフィー

見終わってもまだテレビで宣伝中の新作を見たのは久し振り。
どうせ見るならいちはやくみるのもいいものなんだ。
細かいこといわなければ次々と小気味よく事件が展開するので面白い。
しまいに天使と悪魔を見ていたんだっけと錯覚してしまいそうだけど。
風景はこの映画のほうが楽しめるかも。
ただし事件の動機がイマイチなのと藤井の描き方がはっきりしないのとで
それが謎っぽいところかもしれないけれど映画としての面白みには欠ける。
しかも事件そのものもありきたりすぎて、、、。
頑張っている織田君が何でそんなにって気がしてくる。
第一警察関係でないのに外交官がそこまで立ち入れないし、かかわれないでしょうなんて。
天海祐希にお母さんっぽさがないのも気がかり。
大仰にとっているけれど映画としては普通。





Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。