FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サン・ジャックへの道サン・ジャックへの道
(2007/09/26)
ミュリエル・ロバン

商品詳細を見る


サンチャゴ・デ・コンポステーラに行ったのはもう何年前のことか?
そのときのことを思い出しながら最高に楽しみながら見た。
私はサラマンカからバスで行ったわけだけど
フランスのル・ピュイからは徒歩で1500km
途方もない旅ではあるけれど、その苦難の巡礼路の旅の動機が篤い信仰心によるものでないところが面白い。9人が9人とも。私同様に。
それでも苦労をともにし、寝食をともにしていると
そこに愛が生まれ、恋が育ち、人々の関係は優しくなる。
まさに期せずして宗教の成果がうまれている。
巡礼路のなせる業なのかしら。

スペインの巡礼路を歩いてきた日本人にもあったっけ。
その後日本でその過多とは偶然の出会いがあって忘れられない。
じっくりただひたすら歩いてみたくなる。
きっともっといい自分に会える気がして。
クララがラムジイをつれて帰宅する場面は印象的。
何度も見てしまった。

<あらすじ>
ストレスで薬に依存している兄ピエール、頑固なオバサン教師クララ、アルコール漬けで文無しの弟クロード。険悪な仲の兄姉弟が、亡き母の遺産を相続するためフランスのル・ピュイからスペインの西の果て、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで1500kmにも及ぶ巡礼路を一緒に歩くはめになった。このツアーの同行者は、ガイドのギイ、山歩きと勘違いして参加した女の子エルザとカミーユ、アラブ系移民の少年サイッド、従兄弟サイッドにだまされ、二人分の旅費を母親から出してもらったラムジィ、物静かな女性マチルド。9人の男女が、様々な思いを胸にフランスのル・ピュイから旅の一歩を踏み出した。
スポンサーサイト
ニキフォル 知られざる天才画家の肖像ニキフォル 知られざる天才画家の肖像
(2007/11/09)
クリスティーナ・フェルドマン

商品詳細を見る


レンタルやで手当たり次第に借りていると素粒子のように二度もは見たくないなという映画をまた、借りてきたりすることもあるが、こんな思いもかけないいい映画とめぐり合うこともある。
とにかくどういう映画か知らなかったので、この映画を手に取り、見ることができた幸運を感謝したい。
内容も素晴らしい。
ニキフォルという画家の天真爛漫というかハチャメチャな生き方。
同じ画家でありながら、その技術をニキファオルに罵倒され、アトリエに居座られても、
彼を追い払うことができないどころか死を見取るまで面倒を見ることになるマリアン。
妻になぜと詰問されても自分でも応えられない。
偶然が結びつけた二人にしても何よりニキフォルの絵の真価を理解して
ニキフォル自身と彼の作品を支え続けたことが
その後の評価につながった。
ポーランドという国家にとっても
彼の作品を愛する人たちにとってもラッキーだった。
マリアンが主人公であるといっても過言ではない。
彼の目のきれいなこと。
無償の行為に嘘がないことが信じられる名演技。
それにしても数々の主演女優賞はなぜかと合点が行かなかったけれど
ニキフォルを演じているのが女優だったなんてわかった今でも信じられない。
そりゃ数々の演技賞を総なめにしてもおかしくはない。
演技以外の何ものでもない名演技。
この映画はこの演技を見るだけでも十二分の価値がある。
その上本当に知らなかった素晴らしい画家ニキフォルを知り、彼の作品を見ることができ、
晩年の心温まるマリアンとの交流を知る。
随分お得な映画。


<解説&あらすじ>
チェコのカルロヴィ・ヴァリ映画祭でグランプリを受賞したほか、各国の映画祭で大絶賛された伝記ドラマ。ポーランドを代表する現代絵画の鬼才として世界的に知られる画家ニキフォルの生き様を描く。監督はポーランドの名匠クシシュトフ・クラウゼ。86歳のベテラン女優クリスティーナ・フェルドマンが、男性であるニキフォルの晩年を圧倒的な演技力で熱演する。単なる伝記映画の枠を超え、ニキフォルの人間性に迫った感動作。(シネマトゥデイ)
あらすじ: 60年、ポーランド南部の保養地クリニツァで、役所の美術担当として働くマリアン(ロマン・ガナルチック)は、嫌々ながらも変人の放浪画家ニキフォル(クリスティーナ・フェルドマン)の面倒を見ることに。言語障害を持ち、頑固でわがままな上に肺結核を患うニキフォルに、うんざりさせられっぱなしのマリアンだったが……。(シネマトゥデイ)
映画レポート「ニキフォル/知られざる天才画家の肖像」善意から生まれる人間同士の繋がりが、世界を変えていく

 20世紀のポーランドで異彩を放った天才画家ニキフォル。言語障害があり、読み書きもできず、独学で画家となった彼は、金銭や名声に興味を示すこともなく黙々と絵を描き続け、独自の画風を切り開いた。そんな画家の晩年を描いた「ニキフォル/知られざる天才画家の肖像」では、主人公を男優ではなく、80代の女優が見事に演じていることにまず驚かされる。しかし、クシシュトフ・クラウゼ監督が注目するのは、この画家だけではなく、彼と彼を取り巻く人間の関係だ。  寡黙で偏屈なニキフォルの生き様にはまったくブレがないために、彼と関わる人間の本性が浮き彫りになる。文化省の官僚は、打算で画家を支援し、彼が肺結核だと知ると迷わず追い出す。彼の部下で、画家を目指すマリアン(♂)は、最初は自分のアトリエに勝手に居座るニキフォルを歓迎していないが、次第に信念を持って彼を支えるようになる。天才画家は、養蜂業者からマリアンへと、他者の善意に支えられて生き延びてきたのだ。  「ニキフォル?」の背景は冷戦の時代だが、クラウゼ監督は明らかに冷戦以後の現代を意識している。この映画は、対価を求めない善意から生まれる人と人との繋がりが、世界を変えていくのだと力強く訴えかけているのだ。





西の魔女が死んだ

娘が買った本を読んでいたが、映画化されて試写会に。
久し振りに美しい映画にうっとり。
大好きな八ヶ岳の風景がすっかり西魔女の風景になっていた。
どこも原作と違和感を感じることがなく、出演者もピッタリ。
とりわけ初めてみるサチ・パーカーが素敵。
風景と原作にピッタリはまっている。
誘った友人が早くも泣き出して
わたしの泣き所とずれた。
彼女は人生の泣き所との共鳴。
わたしは原作にとらわれていることあってやはり魔女最後のメッセージ。
娘は私が父を亡くしたときの号泣を想いだした場面らしい。
それぞれ同じ映画を見ながら感動は違っていることが面白い。
西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。