FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


マーニー


随分久しぶりにNHKBSで映画。
ヒッチコックのマーニー。
予想したほどのスリリングさはなかった。
レビューほどに面白いとも。

ミッション


久しぶりに重厚な映画を見た。
何気に見たテレビにくぎ付け。

INTRODUCTION&STORY
18世紀中期の南米。ヨーロッパ人による奴隷政策が進む中、イエズス会は原住民への布教活動に励んでいた。中でもガブリエル神父(ジェレミー・アイアンズ)が命がけで開いたミッションは、信者たちの安住の地だった。ある時、奴隷商人のメンドーサ(ロバート・デ・ニーロ)が弟殺しの罪を負いミッションへやってくる。かつて奴隷として足蹴にした人々に励まされ、メンドーサは彼らと生活を共にするようになるが・・・・。名優ロバート・デ・ニーロとジェレミー・アイアンズ主演、信念に生きる男たちの姿を通して人間の尊厳を力強く描ききり、カンヌ映画祭パルム・ドール、アカデミー撮影賞を受賞したスペクタクル巨編

ストーリーは18世紀信仰に忠実な神父たちの命がけの布教(ミッション)とそれを受け入れる無垢な現地人。
彼らが信仰とともに手にする音楽が素晴らしい。
その宣教活動と植民地政策の対立。
ポルトガルとスペインとヨーロッパでのイエズス会と三つ巴の権力闘争の力関係の犠牲になってゆく
神父と先住民たち。

ストーリーは予想された悲劇で終わるけれど
枢機卿の最後の言葉のようにしを命を賭して戦った人々の記憶は残り続ける。

ところでイグアスのダイナミックな瀑布やジャングル。
そして登りきったところにある安らかな流れ。
滝に落ちる前って不思議なほど静かな流れ。
もしそこに先住民として住んでいた人たちにとってすでに安住の地だったはず。
人間とも思わない奴隷制度で開拓をもくろむ西洋人が来なければ。
南米の悲惨な歴史の一端に過ぎない。

ところでパラグァイに行ったときアスンシオンからパラグァイの東部に旅行した時
いくつかの修道院跡が史跡として残っていた。
あの場所でガブリエルのような修道士たちが活動していたのかと今思い当たる。
すでに緑野になっただだっ広い中にポツンと残っていた教会。

そして車窓からある一帯だけはすがすがしい風にたわわに実る大豆がそよいでいた。
そこに入植した日本人たちが開拓した畑だった。
今も大豆はパラグァイの主要農産物
宗教や信仰よりももっと根強い現地人へのミッションを果たした日本人の存在に
感動した風景だった。
ちなみに2016年のパラグアイの大豆生産量は世界第6位で第4位の輸出量を誇っている。

そして父になる


テレビでの放送をビデオにとっていたものを見ました。
是枝監督再編集ということでしたがどこが違うのか記憶が定かではなくて。
でも以前見た時より感動しました。
やっぱり交換された一番の被害者は子供です。
子供の素直な演技には胸が詰まります。
いっぽう福山正治はファンではないけれど
演技だとすれば本当にうまい。
自分の出世とエリート意識と上から目線と・・・。
しかも自分が父親失格だなんてつゆほども思わない。
そんな彼が子供の残した自分写真だけであれほど衝撃を受けるかなと
私自身は意地悪く思うわけだけれど・・・。
小さな悪意からのボタンの掛け違いで
生涯苦しむことになりる二つの家族。
血なのか、時間なのか。
家族って不思議。


NHKBSで。
途中からだったけど
アーミッシュの生活が興味深くて見てしまった。
白川郷の藁ぶき屋根の吹き替えをみてるみたいな
村中総出の納屋の建築。
鐘を鳴らすと非常時と村中の人が駆けつける。
ハリソンフォードの「ダンスウイズウルブズ」の関連を思い浮かべる。
この作品が1985年で
ダンスウイズウルブズは血をひいているそうだけど
この作品がダンスウイズウルブズにつながった気がする。
単なる刑事ものではない展開。
ケリー・マクギリスとの恋愛も切ない。

久しぶりにBSで。
トラボルタの出現が印象的で忘れられないけれど
ストーリーについては何も覚えてなかった。
とにかくバブル期全盛のころと思われる。
そう30年以上も前なんだけど
ダンスのカッコよさは今だってしびれる(年のせい?)
やはり好きだったビージーズはもう一度見ないと頭に残ってない。
ストーリーも当時のニューヨークと若者の世相を反映してて
面白かった。
もう一度ゆっくり見たい。



Powered by FC2 Blog