FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


バンドワゴン


日経で紹介され、夫が借りてきたビデオ。
ミュージカル映画の古典、原形といった感じ。
ミュージカルは見て楽しいけれど
まず演じる人たちが最高に楽しめないといい作品にはならない。
映画通でない我々はこの作品を今まで知らなかったわけで
ほんともったいないことだった。
歌もダンスも必見!

蜜蜂と遠雷


JAL機内で
本を読んで見たいと思っていたが主役の松岡茉優にいまいち共感できなくて。

【ストーリー】
3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。かつて天才少女と言われ、その将来を嘱望されるも、7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた栄伝亜夜は、再起をかけ、自分の音を探しに、コンクールに挑む。そしてそこで、3人のコンテスタントと出会う。岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽"を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。そして、今は亡き“ピアノの神様"の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年、風間塵。国際コンクールの熾烈な戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、亜夜は、かつての自分の音楽と向き合うことになる。果たして亜夜は、まだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?

やっぱりピアニストって演奏シーンに無理がある。
と言いながら機内で音楽映画を見る私にこそ無理がある?
もう一度じっくり家で聞きながら楽しみたい。

ストーリー
「僕は普通の10歳の子じゃない」――オギーは遺伝子の疾患で、人とは異なる顔で生まれてきた。27回の顔の手術のせいで自宅学習を続けてきたオギーだが、両親は息子を外の世界へ送り出そうと決意する。だが、5年生で入学した学校で、オギーはいじめや裏切りなど初めての困難と出会う。幾度もくじけそうになりながら、家族の愛を勇気に変えて立ち向かうオギーの姿に、周囲の人々が変わり始める。そして忘れられない1年を締めくくる修了式の日に、最大の出来事が待ち受けていた──。

レンタルで5本借りるって難しいので
子供が主人公物を入れれば間違いないと思う。
おまけに母親役がジュリアロバーツでお得って感じ。
そして心打たれるヒューマンなストーリーに
映画の心地よさも十分味わえる。



記者たち


【ストーリー】
2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「大量破壊兵器保持」を理由に、イラク侵攻に踏み切ろうとしていた。新聞社ナイト・リッダーのワシントン支局長ジョン・ウォルコットは部下のジョナサン・ランデー、ウォーレン・ストロベル、そして元従軍記者でジャーナリストのジョー・ギャロウェイに取材を指示、しかし破壊兵器の証拠は見つからず、やがて政府の捏造、情報操作であることを突き止めた。真実を伝えるために批判記事を世に送り出していく4人だが、NYタイムズ、ワシントン・ポストなど大手新聞社は政府の方針を追認、ナイト・リッダーはかつてないほど愛国心が高まった世間の潮流の中で孤立していく。それでも記者たちは大儀なき戦争を止めようと、米兵、イラク市民、家族や恋人の命を危険にさらす政府の嘘を暴こうと奮闘する・・・。

内容(「Oricon」データベースより)
2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「大量破壊兵器保持」を理由に、イラク侵攻に踏み切ろうとしていた。新聞社ナイト・リッダーは取材を行う。しかし破壊兵器の証拠は見つからず、やがて政府の捏造、情報操作であることを突き止めた。真実を伝えるために批判記事を世に送り出していくが、大手新聞社は政府の方針を追認、ナイト・リッダーはかつてないほど愛国心が高まった世間の潮流の中で孤立していく…。

アメリカの摩訶不思議なところは
こういう追い詰められた状況の中で
政界もマスコミも右へなれえしているのに
本来の正論や良心を盾に戦う人々がどこかで必ず生きていること。
そして映画で描かれる実話ストーリー。





葡萄畑に帰ろう


ワイン発祥の地ジョージア―魂の再生の物語をユーモアと権力への批判を込めて描く、名匠エルダル
・シェンゲラヤ監督の人生賛歌!

■ワイン発祥の地ジョージア―魂の再生の物語をユーモアと権力への批判を込めて描く、名匠エルダ
ル・シェンゲラヤ監督の人生賛歌!
■岩波ホール創立50周年記念作品として上映!
■2018年ロシア・アカデミー賞 最優秀外国語映画賞受賞。


[内容解説]
故郷に残した母のことはすっかり忘れ、政府の要職で大臣の椅子の座り心地を満喫しているギオルギ
。妻を早くに亡くし、上の娘とは少し折り合いはわるいが、地位も権力もあり、可愛い一人息子と義
理の姉と立派な家に暮らして、順風満帆。ある日出会った元ヴァイオリニストのドナラとの恋まで手
に入れた。しかし、嘘と騙し合いと忖度まみれの政界で、ギオルギは大臣をクビに。突然の災難に見
舞われたギオルギとその家族は?
ジョージア(グルジア)の巨匠エルダル・シェンゲラヤ監督(『青い山-本当らしくない本当の話』
)が、権力社会への痛烈な風刺を自由な想像力と大らかなユーモアで描く。『放浪の画家 ピロスマ
ニ』のギオルギ・シェンゲラヤ監督を弟に持ち、多くの人々に尊敬されている85歳の映画界の最長老
が、実際に政界に身をおいていた自身の経験をもとに、21年ぶりに完成させた。

今年訪れたジョージアの作品。
どんな映画を作っているのかしらと思ったけれど
軽妙でわかりやすくて意外だった。
世界最古のワインの発祥地と証明されたことで
ジョージアのワイン栽培には箔がついたみたい。
みんなとても誇らしげに語っていた。
そしてこの映画でも葡萄畑の広がる美しい山村での暮らしをたたえている。
もっと身近になってほしいお国も映画も。






Powered by FC2 Blog