FC2ブログ

プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくつか見たアニメの中で私的にはこれが一番。
実際遠野にも行っているので親近感も。
ほんとにこんな河童を家族の一員にしたら
と大人げなく真剣に見ました。
マスコミの無責任なしつこさも
リアルでした。
遠野の川ですいすい泳ぐ康一とクウちゃんの楽しい様子が最高。
これはおすすめ。
だれに??
スポンサーサイト

日の名残り


本を読んでぜひ見たいと思っていた映画。
事件の羅列のようにはしょっていくので
ちょっともの足りないけれど
原作との違和感はないので見やすかった。
ホプキンスは適役だし
エマトンプソンはイギリス映画には欠かせない。

マザーレイク


同じく旅行中の機内で。
琵琶湖のネッシー、ビワッシーの物語。
こういうのご当地映画っていうんだそう。
そのせいか東京では全然話題にならなくて
全然知らなかったけれど
美しい画像に惹かれた。
まあそれだけだったけど・・・。
ご当地で大事にされそうな映画っていうのもありだとは思う。

ボーイソプラノ


音楽映画ってお得。
映画を楽しみながら
美しい歌声も楽しむことができる。
途中食事で中断したら
珍しく一緒に見ていた夫が
「早く続きを見よう」と
超珍しく食事後早々に立ち上がってテレビの前に。
複雑な家庭環境や
寄宿舎暮らしの合唱団のいざこざ、
存在感のあるダスティンホフマン
でも何よりボーイソプラノの繊細で艶めく歌声に魅了される。
「神様に借りた声」はある日突然
シンデレラのかぼちゃの馬車のように消えてしまうはかなさ。
愕然とするような現実を受け止めて
少年は大人へとた



少年と自転車


ホームに預けられ、
迎えに来ない父を待つ少年。
最近の子どもの虐待事件に見ても
愛されるはずの子どもたちを
愛さない親が増えている。
その哀しみを優しく癒してくれる存在に出会った少年に胸をなでおろすけれど
そうでない多くの場合を考えると胸が痛む。
日本のホームの子どもたちを題材に作られたそうだけど
もっと幸せな題材を提供できる日本であってほしい。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。