プロフィール

meriendacinema

Author:meriendacinema
映画は好きです。
気軽・気まま・気楽で上質な暇つぶし。

映画(全般) ブログランキングへ


FC2カウンター


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ラストレシピ




原作を読んでいないので展開が意外だった。
二宮の主演とばかり思っていたが
メインはン西島演じる山形直太朗では?
料理人のレシピにかける思いを理解できずに
軍部が利用しようとしたことから
派生する数奇なレシピの行方。
それぞれ心に残る演技で引き込まれる。
とりわけすっかり中国人と思い込んでしまった
楊晴明 役の兼松若人。

ハイジ


心が鬱屈した日にはこんな映画に救われる。
アニメ場から見て原作を忘れちゃっていたけれど
昔読んだ原作本を思い出した。
読んだことがありというだけで詳細は覚えてないけれど。
アニメなどない時代に想像力を膨らませながら読んだことを。

もっと見たかったアルプスの大自然。
もっと見たかったアルプスの花。
もちろんそんな映画ではないけれど。
でも雄大な自然は気持ちよかった。
そんな映画ではないけれど、、、。


すごく有名な映画だけど
なんとなく怖そうで見ようとは思わなかった。

それがまたBSで放映されているのでビデオにとっておいたもの。
女優陣がみんなあまりにきれいなのでみとれていると
いつの間にか恐怖の連続に。
でもその一方でCGのない時代にどうしてこのような撮影ができたわけ???
そのことがめっぽう気になって。

時々電線を埋めつくすようにムクドリが並んでいたり、
近くのお寺の大木に夕方群れて帰ってきてそのうるさいことと言ったら
というような光景を目にするので
もし、と思わずにいられない。

地球の終焉を感じさせる不気味さは今も変わらないので
この映画が時代を象徴とするのだとれば
充分現代にも通用することになる。
少なくとも自然の反撃は確かに「鳥」以上になっているかも。

グーニーズ



たまたまテレビでやっていて
最後まで見てしまった。
何回でも見てしまう。
覚えているようないないような。
それでもどの場面からでも面白い。
とりわけスロースとチャンクの友情は最高!
(と思うのにスローンの登場が規定に引っかかって地上波では
泣かんか包装されないというのもなんだか・・・)
『スタンド・バイ・ミー』とこの作品は
子供映画大好きの私にとって鉄板!

サクラサク


NHKBSで。
忙しかったのでビデオにとってみた。
認知症になりつつある父親をかこむ
家族4人のありようと
本人自身の受け入れなどが身に迫って。
妻の態度がいいとは思えないけれど
現実の私自身を色濃く反映していて
後半急展開でいい人に変貌するのが
そんなにうまくいきはしない気が、、、。

長男の祖父に対する態度は
認知症を患う前の祖父の生き方によるとしても
優しい若者で救われる。
ただし老いればすべて認知症というわけではなく
95歳の姑も91歳の母もまだその兆候はない。
老いとの向き合い方は
本人はもちろん家族にも同じということはなくて
それぞれが対応していくしかない。
でもその時それまでの生き方に左右されることは
間違いない。
自分の老い方も考えさせられる。

Powered by FC2 Blog